男性と女性

監査業務以外も経験できる|あらた監査法人の採用情報を要チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

機会があればやってみよう

医薬品

人助けにもなる仕事

世の中には、商品を使ったりサービスを受けたりして、その妥当性を評価するモニターと言う仕事やアルバイト、ボランティアがあります。「治験」もその中のひとつで、新しい薬の効き目や安全性を確認するために、実際に薬を使って試験をします。現在使われている薬のほとんどが、このような治験を経て販売されるようになったものです。もちろん治験に使用される薬の候補は、動物を使った試験で効き目と安全性が確認されているので安心して下さい。薬として承認を受けるためには大量のデータが必要で、そのデータの収集を人間が担当していると言うわけです。治験は病院などで医師から依頼されることもあれば、モニターサイトなどで探すこともできます。

メリットが多い

たとえ医師から依頼されたとしても、治験を受けるかどうかは本人の自由です。しかし治験には様々なメリットがあることから応募者が多いとされています。求人の探し方としては、求人誌などの情報を利用すると良いでしょう。また、インターネットでの検索も有効です。人気の求人であることから競争率は高くなりますが、一方で条件も厳しくなっている傾向があります。その条件とは、体調です。治験によって受けられる人の体調は様々であり、健康な人でなければ受けられないような治験も存在するようです。条件に関してはしっかりと情報を収集することが大切でしょう。また、病院で治療していない人でも受けられる治験もあり、内容によっては高額の謝礼金をもらうことができます。自分の病気を治療しながら、社会の役に立てるのが治験なのです。